アセンション専科 ~人生は素晴らしい旅路 ~

menu

Heal Spirit

シャドー・ワーク ティール・スワン その4

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

ずっと以前にシェアしていおくはずだったティール・スワンの動画「Dive Deep(シャドーワーク)」をシェアします。

シャドーワークとは、アセンション関係者の中では割と普通に使われる用語ですが、日本でこの用語の意味をご存じの方はあまり多くないと感じています。

シャドーワークの考案者であるティール自身が語ったビデオです。

どうしたらトリガーに気づけるでしょうか?:

  • トリガーはいつでも自分の中にとても心地悪い感情を湧き上がらせます、中には激情もあります
  • あなたは「反応」せずにはいられません
  • 相手を攻撃するか、自分を防衛するかのどちらかの反応になります

※ 訳者注釈:ここで言う「攻撃」とか「防衛」は、冷静さを欠いた一方的な断罪だったり、はぐらかしや言い逃れ、シラをきるなどのエゴ的な防衛のことを指します。自分の正当な正当性を主張するのはアサーションであり、防衛とは違います。

トリガーを経験するとき、私たちはなすすべもなくとても無力で、悲しみと嘆きの感情に支配され、涙を押さえておくことができなくなるか、逆に熾烈な怒りが湧き上がり、手あたり次第何かをぶち壊したくなったり、誰かを殺したいと感じることすらもあります。

ドラマとは、激しい内面の葛藤を抱えた状態で、「反応の進行形」です。

私たちが自分自身に与えてあげることのできない注意と関心を、他者から奪おうとします。

トリガーを自分の内面に深くダイブするためのサインとして利用して、感情反応の大元を解明し癒すことを通して、私たちは人生におけるドラマを終焉させることが出来ます。

自分の中の深いところに埋まっている、未解決で未統合の嘆きや悲しみの感情を統合することが出来るのです。

感情的な反応の根本原因をしっかりと把握することで、それを調整することが出来るようになります。

根本を意識できるようになるだけでも、解放はできるのです。

それはミイラを発掘する作業にも似ています。

考古学者がミイラを発掘するように、地中深く埋まっている悲しみの感情を、意識の光(アウェアネス)という大気の中に少しずつさらしていくことで、永遠に解放するのです。

表面的な言動パターン、現れ方や容姿、人生の状況は、根本的な要因(潜在意識に埋まっている感情的な痛み)が解消されるに伴い自動的にシフトします。

それが一時的な安堵と変化ではなく、永遠の解放と変容へと繋がるのです。

※ 訳者注釈:その通りだと思います。自分の言動パターンや容姿、状況を変えたければ、まずは内面に深く入り込んで、一体何が原因でそのようなことが起こっているのかを、慈愛と関心を持って追求することが必要なのです。それは自分を責めたり批判したりすることではなく、自分のことを深く知り、愛していくプロセスの一つなのです。このプロセスを経て、潜在意識の一番奥にある原因を解消することが出来れば、表面的な言動パターンや状況は瓦解していくのです。

つい先ごろ、私の知るある人がパニックに陥っていました。

あることがきっかけでパニックとなり、困惑し、まともに考えることも出来ないほど落ち着かない状態で、まともに電話で話すこともできなくなりました。

後から話を聞いてみれば、「え?そんな些細なことで?」と思ってしまうようなことだったのですが、本人にとってはそれがトリガーだったのです。

トリガーは、自分の潜在意識の中のものを刺激しますから、その時点で体内に感情反応が湧きおこり、乗っ取られる状態となります。

すると客観的に事実を見ることはもう出来なくなります。

緊張状態になり、冷静な対処は出来なく無くなるのです。

トリガーとはそのような反応を呼び覚ます全てのことを指します。

つつく

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

プロフィール

こんにちは!ソウル・ヒーリングをテーマにしているアセンション・コーチです。1973年長野県生まれ。人生の半分以上を海外で過ごしました。詳細はプロフィールをご覧ください。

     2018年5月バリ島にて

ソウル・アライメント・プログラム(SAP)

大きな変化の時代に私たちはどう生きるか、自分らしく生きるための 10週間プログラム

ショップ

境界線セッション

☆ つい相手に合わせてしまうあなたがしっかりと自分と相手を守れるようになるために ★

PCP パートナーシップ・コーチング・プログラム

♡ パートナーシップを通して魂を癒して解放する

通話セッション

アセンション関係のご相談や各種ワークのサポートは通話セッションでお受けします♡

アセンション症状2019年版

アセンション症状をまとめたE-Bookが完成しました。ダウンロードはこちら

アーカイブ

カテゴリー

紀行文を綴った裏サイト Blissful Moment はこちら