アセンション専科 ~人生は素晴らしい旅路 ~

menu

Heal Spirit

シャドー・ワーク ティール・スワン その5

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

ずっと以前にシェアしていおくはずだったティール・スワンの動画「Dive Deep(シャドーワーク)」をシェアします。

シャドーワークとは、アセンション関係者の中では割と普通に使われる用語ですが、日本でこの用語の意味をご存じの方はあまり多くないと感じています。

シャドーワークの考案者であるティール自身が語ったビデオです。

具体的な行動を起こすことを一切辞めろと言っているわけではありません。

トリガーが来た時に、それを好機と捉えて自分の内面に深く入り込み、潜在意識の底に抑圧されている悲しみや反応という「根本原因」を解消する前に起こす行動は、まったく意味がないと言いたいのです。

※ 訳者注釈:本当にその通りだと思います。内側をよく見て意識をシフトさせた後でなければ、変化を起すことはできません。「いかなる問題も、それを創り出したのと同じ意識では解決できません」と言ったのはアルバート・アインシュタイン博士ですが、まさにそういうことです。物事を変えたいと思うのであれば、まずは自分の意識を以前よりも高い次元までもっていく必要があるのです。そうでなければ、同じことの繰り返しにしかならないでしょう。

トリガーは「感情チャージ」を湛えたままですし、トラウマの要因となった「原初体験」は、日常生活の中に投影され続けるのです。

延々と同じ感情体験を繰り返し味わうことになるのです。

ある時起こった出来事をレッド・フラッグとして認識し自分の内面に深く入り込む作業を行うまで、それは続くのです。

ステップ1

ですから、ステップ1はトリガーをトリガーであると認識することです。

このようにしっかりと何かを認識することで、体内に湧き上がっている感情反応から少し距離を取り、自分の反応と一体化することなく「観察する」ことができるようになります。

※ 訳者注釈:この状態が Presence がある状態です。Presence が育まれると、自分の感情や思考と一体化することなしに、客観的に思考や感情を「体験する」ことができるようになってきます。「あー今体内にこういう感情が湧きおこっているなぁ」と、少し距離を取った位置から眺めることができるようになるのです。感情や思考と一体化しているときは、それがあたかも「自分自身」であるかのように感じ、感情の赴くまま、思考の言うがままに行動してしまいます。この状態では状況に対して「反応」することしかできません。「反応」(Reaction)から「対応」(Responce)へと変化していけるのが Presence です。

ステップ2

トリガーが携えてきたメッセンジャーを認識することです。

メッセンジャーとは、自分の中に居心地の悪いモヤモヤとした感情反応を湧き上がらせたきっかけとなった出来事のことです。

こうした出来事は、単にあなたに起こっている出来事や何か新しいことではありません。

あなたの「投影」です。

それがあたなの内面に深く眠る、まだ癒されていない傷のありかを教えてくれます。

ですから、メッセンジャーをやっつけるのではなく、メッセージを届けてくれた好機と捉えるのです。

「身体を感じる」というビデオの中で、自分の中に停滞している抑圧されたトラウマの記憶と感情を統合する方法をお伝えしました。

そのプロセスと全く同じプロセスを、トリガーに対しても使うのです。

もしも必要であれば、そのビデオをもう一度見てください。

※ 訳者注釈:後程時間があればそちらの動画も翻訳します。

まずは、日常生活の中で起こっている出来事を、トリガーとメッセンジャーであるとしっかりと認識できることが必要です。

意識がしっかりと覚醒する前は、日常生活にはランダムにいろんなことが起こっているように見えるかもしれません。

個々の出来事の関連性も見えてはきません。

ですが実際はどうかと言うと、私たちの生活の中に無駄なことは何一つ起こってはいないのです。

何一つです。

癒しが進むまでは、世界はトリガーとメッセンジャーに溢れかえっています。

ペットが亡くなる、お気に入りの持ち物が壊れる、風呂場のパイプが破裂して床が水浸しになる、仕事を失う、恋人から返信が来ない、誰かの視線が自分の責めているように感じる、職場の同僚の態度が気に入らない、etc

一つひとつの出来事(点)を繋いでいくと、見事なまでに全体像が見えてきます。

どんな出来事でもトリガーとして捉え、それを好機に変えることで、自分自身を癒していくことが出来るようになれば、人生は一変します。

つづく

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

プロフィール

こんにちは!ソウル・ヒーリングをテーマにしているアセンション・コーチです。1973年長野県生まれ。人生の半分以上を海外で過ごしました。詳細はプロフィールをご覧ください。

     2018年5月バリ島にて

ソウル・アライメント・プログラム(SAP)

大きな変化の時代に私たちはどう生きるか、自分らしく生きるための 10週間プログラム

ショップ

境界線セッション

☆ 健全な境界線をしっかりと引けるようになるセッション ★

PCP パートナーシップ・コーチング・プログラム

♡ パートナーシップを通して魂を癒して解放する

通話セッション

アセンション関係のご相談や各種ワークのサポートは通話セッションでお受けします♡

アセンション症状2019年版

アセンション症状をまとめたE-Bookが完成しました。ダウンロードはこちら

アーカイブ

カテゴリー

紀行文を綴った裏サイト Blissful Moment はこちら