アセンション専科 ~人生は素晴らしい旅路 ~

menu

Heal Spirit

マニフェステーションと波動ギャップ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

この世のすべてはエネルギー、すべては周波数です。

ベッドも机も、声も思考も、言葉も文章も、ありとあらゆるすべてはエネルギーで周波数です。

私たち人間は、それぞれ固有の周波数を発して生きています。

そして、常に自分の周波数よりも少し上の「次のステージ」しかマニフェストできないという習性を持っています。


波動ギャップが大きすぎるものはマニフェストできない

わかりやすいようにお金の例を出してみます。

今の月収が30万円の人が、来月からいきなり500万円の月収を実現することは現実的ではありません。

この二つの金額の間にある Vibrational Gap(周波数のギャップ)が大きすぎるのです。

どこでそれがわかるかと言えば、自分の感じ方です。

試しに、今の自分の月収が来月から倍になると想像したときに、身体の中にどんな感じ方があるかを見てみてください。

例えば、私は宝くじが当たって11億円が自分のものになると本気で考えたときに、お腹の中にドカーンと大きな不安が渦巻くのを感じます。

足がすくみ身体が縮こまるような感覚を覚えます。

頭の中には、

「お金目当ての人が寄ってくるんじゃないか」「人間不信になるんじゃないか」

といった思考が渦巻きます。

この感じ方は、今の私のお金に関する波動と11億円の間に、かなり大きな波動ギャップがあることを示しています。

思考は私が11億円というものに対して持っているコア・ビリーフです。

ですが、1億円が自分のものになると想像したときは、これほど大きな不安感は感じず、どことなしかワクワクした感じと楽しさを感じたりします。

今の私と1億円の波動ギャップの方が、11億円との波動ギャップよりも小さいのです。

今の月収が30万円の人がマニフェストできるのは、あくまでも次のステージの月収です。

ちょっと怖気づく気もするけど同時にワクワク感じる金額

ちょっと頑張れば実現できそうだと感じる金額。

それが次のステージです。


波動ギャップ調整イベント

私は34歳の時に香港で、当時もらっていた月収から50%アップを実現して新たな仕事を手に入れました。

日本で言うところの転職です。

もちろん嬉しかったですが、それと同時に怖くもありました。

本当に自分に仕事が務まるだろうか?という不安は常にありました。

実際に給料が振り込まれるまで、言い知れぬ不安を感じていました。

すると不思議なことが起こったのです。

ある日突然親知らずが痛み出し、仕事場で耐えられないほどに炎症が悪化しました。

そこで仕事を早退して歯医者へ飛び込んだものです。

海外では歯の治療は保険が効きませんから、全額自腹です。

X線や麻酔もろもろでかかった費用が、なんと私の給与アップした50%分の金額とピッタンコカンカン同じだったのです。

愕然としました。

ようやく今月から給料が50%も増えたと思ったのに、増えた分だけ歯の治療で飛んで行ったのですから。

自分がマニフェストしたいと思っている現実(金額)と、自分の意識の周波数のギャップが大きすぎるときには、こうした方法で「調整」が入ります。

これは私自身の例ですが、同様の例を私は何度も目撃していますし、話も聞いたことがあります。

まだ新たなステージでのマニフェステーションに慣れていないために入る「調整イベント」です。

よく宝くじで高額当選を果たしても、次々とハプニングが起こったり、なんやかんやですぐにお金を失ってしまったり身を持ち崩してしまったりするケースがありますが、これも波動ギャップが大きすぎるときに起こる現象です。


自分の意識の周波数が自分の望むものと一致していなければ、何かしらの出来事が発生するか、自らそれを壊すような行動を取ってマニフェストを破壊することもあり得ます。

私自身一年ほど前にそうした痛恨のエラーを経験しています。

新たな周波数に自分を慣らすことは簡単なことではないのです。

一着だけハイブランドのスーツを買ってみて、いざ着てみたら最初は全然板につかなかったけど、何度も着ているうちに身体に馴染んで板についてくるのと同じです。

一回だけ試着して、似合わないからと着ることを諦めることもできますが、居心地が悪いなりに何度も着ていれば、次第に慣れてきて自分の周波数がアップするのです。

新たな周波数に自分の身体を浸して、慣らしていく必要があるのです。

そのようにして、一段一段ステージを登っていきます。


マニフェストを意識するときに、いきなり何か大きなことではなく、常に「次のステージ」を意識することは大事です。

それと同時に「今」を受け入れ愛すことも大事です。

例えば、新しく大きな部屋へ引っ越したいと夢見ることは大いに結構です。

しかし、その日が来るのを待つあまり、今の部屋での生活を充実させることを我慢したり、新しい家具やその他を買うことを先送りにしているのなら、それはナンセンスというものです。

人生とは「今この瞬間」の積み重ねでしかないのです。

未来とはその延長線上にあるもので、今を否定してまで未来に手に入れるものなど何もないのです。

常に「今を生きる」。

それがマニフェステーションの基本中の基本です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

プロフィール

こんにちは!ソウル・ヒーリングをテーマにしているアセンション・コーチです。1973年長野県生まれ。人生の半分以上を海外で過ごしました。詳細はプロフィールをご覧ください。

     2018年5月バリ島にて

ソウル・アライメント・プログラム(SAP)

大きな変化の時代に私たちはどう生きるか、自分らしく生きるための 10週間プログラム

ショップ

境界線セッション

☆ つい相手に合わせてしまうあなたがしっかりと自分と相手を守れるようになるために ★

PCP パートナーシップ・コーチング・プログラム

♡ パートナーシップを通して魂を癒して解放する

通話セッション

アセンション関係のご相談や各種ワークのサポートは通話セッションでお受けします♡

アセンション症状2019年版

アセンション症状をまとめたE-Bookが完成しました。ダウンロードはこちら

アーカイブ

カテゴリー

紀行文を綴った裏サイト Blissful Moment はこちら