【アセンション専科】魂を癒して解放するために

menu

Heal Spirit

失敗を恐れず、学び、成長する糧とする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

失敗することを恐れていると、何もできません。

これは真実だと思います。

「そんなことをして、もし失敗したらどうしよう」

などと考えていたら、何もできないでしょう。

失敗するかしないか、それはやってみないと分からないのです。

「これなら失敗しない」

などということは、無いのですから。

失敗を恐れて行動することが出来ない人は、成長することもない人です。

なぜなら人間は、失敗から学んで成長していくからです。

自転車に乗れるようになるまでに、何度も転んで痛い目を見ます。

転ぶのは嫌だから練習はしたくないという人は、自転車に乗れるようにはならないのです。

人生とは、頭の中で生きるものではなく、常に体当たりでしか生きていけないものなのです。

特に若いうちは、失敗を恐れずに行動していくことが大切です。


反対に、何度転んでも失敗から学ばない人もいます。

人生の半ばへ差し掛かれば、何度も失敗すれば良いというものではありません。

私は失敗したことがない。

ただ、1万通りの、うまく行かない方法を見つけただけだ。

トーマス・エジソン

ここで勘違いしてはならないことは、「一万通りのうまく行かない方法を見つけた」のであって、一万回同じことを繰り返したのではないということ。

「失敗は成功の母」と言いますが、あくまでも、自分の失敗から何かを学んでそれを次に活かせればこその話です。

一度や二度の失敗から何も有益なデータを収集せず、学ばず、延々と同じ失敗を繰り返すのであれば、それは能が無いでしょう。

「経験」とは、サンプルとデータを取るためのものなのです。

人生経験が多い人の方が、含蓄のある言葉を持っていたり、人生知や人間知があるのは、経験から学んできたからなのです。

経験だけしてもそこから何も学ばず、ただぼーっと生きているだけで得られる知恵などは無いのです。

ここで大切なことは、

「自分の中のどんな弱さや甘さが、この失敗を引き寄せたのだろうか」

という質問を自問し、徹底的なまでに正直になってその部分を明らかにすることです。

何かがうまく行かなかったのには、自分の中にその要因が必ずあります。

大方の場合は、その何かを始めた動機がマイナスのもの、つまり、心の穴や満たされなさを埋めるためのものであるということです。

その心の穴や満たされなさの内容を明らかにし、それを癒し、今度は同じ失敗を繰り返さなくても済むような自分へ成長する必要があります。

何かが失敗に終わったことを、誰かや何かのせいにすることは簡単です。

ですが、それでは自分の責任を放棄しているし、自分の力を所有してもいません。

自分は常に被害者か犠牲者で、なすすべもなく運命に翻弄されているだけの弱者です。

この状態で次へ進んでも、宇宙はまた同じ課題をもってくるだけです。

何度も言うようですが、宇宙はえげつないです。

優しくはありません。

私たちが自分で気づくまで、何度でも同じ課題をもってき続けます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

プロフィール

こんにちは!ソウル・ヒーリングをテーマにしているアセンション・コーチです。1973年長野県生まれ。人生の半分以上を海外で過ごしました。詳細はプロフィールをご覧ください。

2018年5月バリ島にて

ペイパル|カード情報も、口座番号も、ペイパルが守ります。|VISA, Mastercard, JCB, American Express, Union Pay, 銀行

ソウル・アライメント・プログラム(SAP)

大きな変化の時代に私たちはどう生きるか、自分らしく生きるための 10週間プログラム

パートナーシップ・コーチング・プログラム(PCP)

♡パートナーシップを通して魂の癒しを進め解放する10週間のコーチング・プログラム♡

通話セッション

アセンション関係のご相談や各種ワークのサポートは通話セッションでお受けします♡

アセンション症状2019年版

アセンション症状をまとめたE-Bookが完成しました。ダウンロードはこちら

ショップ

Etsy でのお買い物の仕方が分からない方は、こちらのフォームからご連絡いただければご注文をお受けします。

アーカイブ

カテゴリー

紀行文を綴った裏サイト Blissful Moment はこちら