【アセンション専科】魂を癒して解放するために

menu

Heal Spirit

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

身体の感覚に意識を向けて、体感を感じることの重要性は至るところで言われています。

このように書くと、レイキなどエナジーワークの際の体感だと思われる方がいらっしゃるのですが、それとは別の体感のことです。

参考記事:エナジーワークにおける体感や神秘体験について

感情と身体の結びつき

感情と身体は必ず結びついています。

思考と身体が出会ったときに感情が生まれ、感情エネルギーは必ず体感として感じられます。

体感が心地よいものであれば嬉しい・楽しいという歓びの感覚になりますし、不快なものであれば苛立ち、怒り、ムカつきという感覚になります。

人間は一人の例外もなく、歓びや快感を求めて生きる生き物です。

嬉しい・楽しいはもっと味わいたいし、不快な感覚をキャッチすれば、それを取り除くような言動をとり、快の感覚を取り戻そうとします。

大方の人は、相手を責めたり、怒りをぶつけたり、誰かのせいと責任を転嫁したり、あるいはストレス発散と称して様々な依存症(セックス、買い物、食べ物、ギャンブル、仕事、お酒などなど)を通して快の感覚を取り戻そうとします。

こうした補償行為は健全ではなく、やればやるほど悪循環に陥ります。

感情エネルギーが刺激されたら昇華することが必要

自分の感情がいったい体のどの部分にあるのかを特定することが大切です。

例えば、怒りの感情でもその時々で体感する部位が違っているはずです。

に来ているのか、それとも腸(はらわた)が煮えくり返っているのか。

前者は頭部にエネルギーがありますし、後者は腹部にエネルギーがあります。

どの部位にエネルギーがあるのかを特定したら、その感覚に深くつながって、問いかけます

何か伝えたいことがありますか?言いたいことがありますか?

この時点で、感情と自分との間に少し距離を取り、感情と一体化していないことが必要です。

感情エネルギーはいずれ心を開いてメッセージを表現してくれるはずです。

頭で「こうだと思う、あぁだと思う」と考えるのではなく、身体の感覚に語らせるのです。

最初からうまくできないかもしれませんが、そのうちにできるようになります。

何度でもトライして見てください。

一切の否定をせずありのままに受け止める

感情が語り始めたら、気が済むまでありのままに表現させてあげることが必要です。

感情はインナーチャイルドそのものです。

あるいは過去の人生で生きた人格である場合もあります。

いずれかの時点で、感情を閉じ込めて押し殺してしまったので、未消化のまま身体の中に蓄積しています。

ありのままに表現させてあげることで昇華することができます。

その際に必要なことは、感情が表現することを一切否定しないことです。

ただ、ただ、ありのままに表現させることに徹してください。

例えば、感情が痛い痛いと泣いていたら、その痛みを受け止めてください。

痛いんだね。

それだけでいいのです。

間違っても、「痛くないよ、大丈夫だよ」とは言わないでください。

感情はありのままを認めてほしいのです。

気休めが欲しいわけではないのです。

感じ方を受け止めようとせず、別の感じ方を提案するようなやり方は自己否定を生みます。

否定された感情はまた押し戻されて、認めてもらえるまで外の世界に刺激を探し続けます。

自分の感情は自分のもの

自分の中に発生した感情はどんなものでも正当なものです。

ですからすべて認める必要があります。

ここで一つ念頭に置いておく必要があるのは、あらゆる感情を自分が認めるということであって、他の人に認めることを要求することではないということです。

そもそも自分で自分の感じ方を否定しているから、それを外の世界に投影して自分の感じ方を否定されるような現実を創り上げているのです。

まずは、自分の中に生じるあらゆる感情をすべて受け止めることから始めなくてはなりません。

自分を認め統合する

怒ってるんだね

悲しいんだね

痛いんだね

嫌いなんだね

こうした感じ方を良くないもの、悪いものとしてジャッジしないでください。

良し悪し、正しい間違いという判断は、なんの益も生み出しません。

分裂が深まるだけです。

その存在をありのままに受け止めてもらえた感情(インナーチャイルド)は、ようやく主張を収めて意識の中に統合されていきます。

潜在意識と顕在意識の統合です。

いわゆるスピリチュアルで言われるアライメントとは、常に自分の内面の感じ方と身体の感覚と言動が一致している自己一致の状態を指します。

顔で笑って心で泣いて

というような状態は自己一致していない状態です。

統合が進めば進むほど、本当の自分との結びつきが深まって、身体の中で生き始めます。

空を見上げて、顔にあたる風や空気の感触をありありと味わったのは何時のことですか?

心臓の鼓動が聞こえますか?

身体の声をちゃんと聞けていますか?

もっともっと感情とつながって、そして身体とつながって、自分に戻っていきましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

プロフィール

こんにちは!ソウル・ヒーリングをテーマにしているアセンション・コーチです。1973年長野県生まれ。人生の半分以上を海外で過ごしました。詳細はプロフィールをご覧ください。

2018年5月バリ島にて

ペイパル|カード情報も、口座番号も、ペイパルが守ります。|VISA, Mastercard, JCB, American Express, Union Pay, 銀行

ソウル・アライメント・プログラム(SAP)

大きな変化の時代に私たちはどう生きるか、自分らしく生きるための 10週間プログラム

パートナーシップ・コーチング・プログラム(PCP)

♡パートナーシップを通して魂の癒しを進め解放する10週間のコーチング・プログラム♡

通話セッション

アセンション関係のご相談や各種ワークのサポートは通話セッションでお受けします♡

アセンション症状2019年版

アセンション症状をまとめたE-Bookが完成しました。ダウンロードはこちら

ショップ

Etsy でのお買い物の仕方が分からない方は、こちらのフォームからご連絡いただければご注文をお受けします。

アーカイブ

カテゴリー

紀行文を綴った裏サイト Blissful Moment はこちら