アセンション専科 ~人生は素晴らしい旅路 ~

menu

Heal Spirit

癌を治す方法 ティール・スワン その5

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

2019年1月にリリースされたティール・スワンのこの動画は、多くの人にとって新たな視点と洞察を与えてくれるのではないかと思い、シェアしたいと思います。

28分に及ぶ長い動画です、時間があるときに訳していきたいと思います。

癌はその人の存在にとても大きなシフトをもたらすために現れた意識体です。

そしてそれは「敵対」という形で現れるのです。

こういう感じなんです。

癌細胞:「オーケー、そんなに「私には手に負えない、手に負えない」って言うんなら、俺(癌)が変わりに権力を掌握するよ。もしも君が自分の力を取り戻したいって思うのなら、まずは自分の中にある「無力感」に気づかなくちゃダメだ。自分の意志を取り戻し、真剣に生き方を変えるんだ。しかも速くね」

ですから、こう言うことができます:一つの視点から見れば、癌は「制御不能」(人間の手には負えない)です。見方を変えれば、癌が完全に権力を掌握している状態です。癌は自分の思い通りに繁殖し、転移したい場所へ転移していくのです。

さて、癌について理解しなくてはならない一番重要なことをお話しましょう。

多くの方は、仏陀とマーラの話をご存知でしょう?

もしもご存知でなければ、調べることをお勧めします。

なぜなら、仏陀とマーラの関係は、あなたと癌との関係そのものだからです。

訳者注釈:日本式の解釈ではマーラとは、仏陀を誘惑するために現れた存在と言われます。仏陀が瞑想するときに、瞑想を妨げるために数々の誘惑を仕掛けたりします。瞑想中に見る美しいビジョンや光などもマーラと言われます。マーラは仏陀をこうした魔境へ誘い込むことで悟りを開くことを妨げようとすると言われます。ここでティールが引用しているマーラの喩えは一般的な解釈よりも深いレイヤーを指しています。

マーラ

マーラは、仏陀が目覚めるために送り込まれたエージェントです。

ですから、マーラは仏陀の覚醒のあらゆるレベルの責任を負っていると言うことが出来ます。

仏陀が目覚めた意識にあるとき、マーラのこの性質を見ることが出来ます。

マーラがいなければ、悟りの境地には至ることが出来ないのです。

ですから、マーラは決して仏陀の敵ではありません。

マーラは一見「敵にように見える」目覚まし時計なのです。

※ 訳者注釈:同様の話は新約聖書にも現れます。イエス・キリストが砂漠に入ったとき、悪魔がやってきて誘惑する下りがあります。様々な世俗の誘惑を持ってイエスを惑わそうとしますが、イエスは「Put them behind me(そういうものは忘れなさい)」と言って悪魔の誘惑を退けたと言われます。ここで重要なことは、イエスは悪魔(癌)に「失せろ!」とは言わなかったことです。悪魔(癌)の存在を否定していないところです。なぜなら、悪魔(癌)は自分の一部であることを知っていたからとされます。悪魔(エゴ)は自分の一部です。その自分の一部と闘うことは、自分の内面に終わりのない闘いを繰り広げることとなります。闘うのではなく、うまく付き合う、またはメッセージを受け取って適切に対処することを説いた一節です。

荒野の誘惑

とても重要な洞察が含まれています。

癌はその人の存在にとても大きなシフトをもたらすために現れた意識体

つまり、それが癌の第一義的な存在意義なのです。

癌は、

「あなたの生き方は本当のあなたを反映したものではありませんよ」

と伝えるためのメッセンジャーに他なりません。

つづく

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

プロフィール

こんにちは!ソウル・ヒーリングをテーマにしているアセンション・コーチです。1973年長野県生まれ。人生の半分以上を海外で過ごしました。詳細はプロフィールをご覧ください。

     2018年5月バリ島にて

ソウル・アライメント・プログラム(SAP)

大きな変化の時代に私たちはどう生きるか、自分らしく生きるための 10週間プログラム

ショップ

境界線セッション

☆ つい相手に合わせてしまうあなたがしっかりと自分と相手を守れるようになるために ★

PCP パートナーシップ・コーチング・プログラム

♡ パートナーシップを通して魂を癒して解放する

通話セッション

アセンション関係のご相談や各種ワークのサポートは通話セッションでお受けします♡

アセンション症状2019年版

アセンション症状をまとめたE-Bookが完成しました。ダウンロードはこちら

アーカイブ

カテゴリー

紀行文を綴った裏サイト Blissful Moment はこちら