アセンション専科 ~人生は素晴らしい旅路 ~

menu

Heal Spirit

Possession(所有欲)を手放すとはどういう意味か

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

Possession (所有欲)について少し書いておきます。

儒教や仏教の影響の強い日本やアジア諸国では、物欲や欲をまったく持たなくなることが良いことであるとか、それが悟りの境地であるという捉え方が主流かと思います。

ですが、このことの真意は、そんな表面的なものではありません。

3D世界で暮らす以上、衣食住を安定させて快適に暮らすためにお金や物が必要なことは明白です。

食欲を始めとする人間に備わっている欲は自然なもので、人間が生き延びて繁栄していくためには必要不可欠なものです。

それを否定して罪であると捉えること自体が、大きな歪みであると言わざるを得ません。

Possession(所有欲)を手放すとは、物欲を無くすという意味ではなくて、

自分の中にある心のスキマ(恐れ・不安・心配)を埋めるために何かや誰かを所有することに対する執着を手放す

という意味なのです。


私たち人間は、恐れ・不安・心配を第一義的な動機として社会生活を営んでいます。

平たく言えば、ホームレスになって孤独死したくないから、好きでもない仕事を我慢してお金を受け取り、寂しくて孤独なのは嫌だから適当な相手でも手を打って一緒になり、将来が不安で心配で仕方がないから保険を買ったりお金を溜め込んだりして、それらを手に入れたら最後、死守することに汲々として一生を過ごすということです。

しっかりとした職業を得て収入を安定させ、住処を手に入れ、ほどよい数の友人がいて、やがて伴侶と子供を得て家庭を築く。

子育てをして子供を成人させたら、第二の人生を楽しむ。

夫婦で老後を過ごし、子供たち、孫たちに看取られながら一生を終える。

これが社会が用意している概ね平均的な「幸せの雛型」です。

問題は、私たち人間が、自分を押し殺して我慢して、嫌なことでも我慢してやり、嫌な相手とでも我慢して付き合わなければ「幸せ」にはなれない、と刷り込まれて条件付けされていることなのです。

それが出来ない人は問題があるか落ちこぼれとみなされる。

そういう社会の在り方になっていることなのです。

試しに、今自分が所有している「雛型」の物(家、仕事、収入、友達、家族、子供など)を一つずつすべて失っていくところをリアルに想像してみるといいと思います。

そこで感じる体内の感覚が、潜在意識の中に入っている恐れ・不安・心配です。

多くの人は、こうしたことの実感は持てません。

いざ自分が仕事をリストラされた、病気になった、配偶者から離婚を言い渡された、などの事態に陥ったときに、初めて自分の中に抑圧し続けてきた感情に気づくのです。

今まで自分が信じていた物(や人)は、ただ一時的に自分の感情を麻痺させるツールに過ぎなかった。

それが失われた今、感情が一気に噴出してきます。

気づくのはまだマシで、多くのケースでは気づきたくないがために、様々な手段を講じて感情を抑圧し続けます。

それをしている以上、人間の人生を根底でコントロール・支配している恐れ・不安・心配からは逃れられないですし、その反動で安定を手に入れたいと所有に拘る執着を手放すこともできないのです。

唯一そこから解放される道は、自分の中の恐れ・不安・心配と真正面から向き合って、それを感じることを自分に許すことだけです。

それは頭の中だけで理解してできることではなく、実地体験を伴って「体得」していくものです。

「体得」とは読んで字のごとく、体で得るもの、いつも書いているように、人生は体当たりでしか生きられない。

頭の中だけで生きている人生は妄想と幻想に過ぎません。


数日前にアップロードされて大きな反響を呼んだアンドリュー君の動画です。

Possession(所有欲)に対して Surrender サレンダーするとは何か、分かったつもりでいて全然わかっちゃいなかった、と本人が言う通り、本物を経験を得た人でなければ至れない境地というものがある。

訳しても、アンドリュー君の生の波動を伝えきれないと感じるので、訳しません。

直接ご覧になれる方はご覧になってみてください。

彼が今通過しているプロセスは、多くのライトワーカーが通過する道です。

私とアンドリュー君は歳が3つしか違わない、二人ともカイロン牡羊座世代で、ただ今カイロン・リターンの真っただ中。

アンドリュー君もそのことについて言及しています。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

プロフィール

こんにちは!ソウル・ヒーリングをテーマにしているアセンション・コーチです。1973年長野県生まれ。人生の半分以上を海外で過ごしました。詳細はプロフィールをご覧ください。

     2018年5月バリ島にて

通話セッション

アセンション関係のご相談や各種ワークのサポートは通話セッションでお受けします♡

ソウル・アライメント・プログラム(SAP)

完全に自己一致を果たし、自分と一致した人生を生きられるようになるためのマンツーマン・メンターシップ・プログラム

オンライン講座

各種E-Bookダウンロード

☆各種E-Bookのダウンロードはこちら

ショップ

【音声】友達が減っていく現象

アーカイブ

カテゴリー

紀行文を綴った裏サイト Blissful Moment はこちら