【アセンション専科】魂を癒して解放するために

menu

Heal Spirit

アセンションのプロセスの中で、アディクションを克服するという局面が何度も出てくると思います。

アディクションと一言に行っても多種多様で、アメリカではごく当たり前のドラッグ依存症やアルコール依存症のようなヘビーなものから、買い物依存や恋愛依存やスイーツ依存のような、一件アディクションとわからないようなものまであります。

寂しいときや不安なときに、ついつい誰かに電話して話してしまうのもアディクションの一種です。

アセンションのプロセスにおいて、ありとあらゆるアディクションを手放すように促される局面は何度もあります。

そこでこういう質問が出来てきます:

どうやったら辞められますか?

この質問の真意は:

どうしたら出来るだけ簡単に苦しむことなく依存症を手放すことができますか?

ですが、残念ながら答えはないんです。

アディクションは最終的に「ただ辞めるしかない」、そして辞めたときに湧き上がってくる不快な感情をただ感じて耐えるしか方法はないです。

私自身もプロセスの中で、数々のアディクションを手放してきました。

日常生活の中に当たり前のものとしてあったものを手放すのには、相当の覚悟が要りましたし、一回でできたわけではなく、何度も何度もトライしたうえで最終的に成功したというのが正しいです。

喫煙は3年前に禁煙外来へ通って辞めました。

昨年一か月インドへ滞在したときに、カフェインと白砂糖への依存を断ち切ることに成功しました。

この二つは日常生活を続けていたらどうしても辞められなかったので、一か月間インドにあるアユールヴェーダのクリニックに滞在し、ヴェジタリアン食という環境へ自ら身を置くことで、荒療治的に克服したものです。

ドクターがいるクリニックで体調を管理してもらいながら断ち切った。

そのくらい「真剣に」アディクションを手放す覚悟を持っていたということです。

カフェインが身体から抜けていくときには、耐え難いほどの頭痛に襲われます。

そのときも、薬は一切のまず(頭痛薬にはカフェインが含まれている)、ただ痛みに耐えて感じ切ることを通してしか乗り越えていくことができません。

ですがそのおかげで依存を克服することができました。

今では、飲み物は水か白湯しか摂りません。

一日2~3Lくらい水か白湯を飲みます。

白砂糖は一切摂らず、どうしても必要なときにはキビ砂糖を使います。

ときたま家にあるお菓子を食べたりすると、甘さがどぎつくて喉が痛くなるので食べなくなりました。

刺激物を摂らなくなって10か月以上になると、身体や味覚がそれに慣れてきて、人工的なものを受け付けなくなるんだなぁと思いました。

ここまで来るには、5~6年ほどもかかっています。

すぐにできたわけではありません。

ですが、身体に刺激物を取り入れ続けている以上、アセンション・プロセス(ライトボディ化)が遅れることは理解していました。

ただですらシンドイことが多いアセンションをできるだけ快適にしたくて、一つずつアディクションを手放していきました。

アディクションから解放されると、身体も感情もとても楽になります。


ちなみに、最近臓器が少し疲弊していたので、昨日から流動食に切り替えています。

野菜を煮込んだものをミキサーにかけてサラサラの液体(スープ)にして、それだけを摂っています。

3日くらいは流動食にして、その後徐々に元に戻そうと思っています。

あと、最近歯と口腔内のメンテナンスのために歯医者通いです。

アセンションでは歯のトラブルもかなり出てきますが、定期的に歯医者へ通ってメンテナンスすることでかなり回避できると思います。

歯もさることならが、問題は歯茎です。

感情の浄化が発生する際に歯と歯茎の間が炎症を起こすケースが多々報告されています。

関連記事

プロフィール

こんにちは!ソウル・ヒーリングをテーマにしているアセンション・コーチです。1973年長野県生まれ。人生の半分以上を海外で過ごしました。詳細はプロフィールをご覧ください。

2018年5月バリ島にて

ペイパル|カード情報も、口座番号も、ペイパルが守ります。|VISA, Mastercard, JCB, American Express, Union Pay, 銀行

ソウル・アライメント・プログラム(SAP)

大きな変化の時代に私たちはどう生きるか、自分らしく生きるための 10週間プログラム

パートナーシップ・コーチング・プログラム(PCP)

♡パートナーシップを通して魂の癒しを進め解放する10週間のコーチング・プログラム♡

通話セッション

アセンション関係のご相談や各種ワークのサポートは通話セッションでお受けします♡

アセンション症状2019年版

アセンション症状をまとめたE-Bookが完成しました。ダウンロードはこちら

ショップ

Etsy でのお買い物の仕方が分からない方は、こちらのフォームからご連絡いただければご注文をお受けします。

アーカイブ

カテゴリー

紀行文を綴った裏サイト Blissful Moment はこちら