アセンション専科 ~人生は素晴らしい旅路 ~

menu

Heal Spirit

ファイナンシャル・リセットに関する私の見解

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

アセンション関連のフォーラムや業界では、「ファイナンシャル・リセット」(経済的リセット)という概念があります。

私の認識では、この概念が一気に広まったのは2017年6月あたり(おそらく)にアメリカ在住のQHHTセラピストのアリソン・コー(Alison Coe)がアップした動画がきっかけだったと思います。

当時私もその動画は見ました。

動画の中で、アリソンは数多くのクライアントとのセッションを通して得た情報として、「2018年1月に大規模なファイナンシャル・リセットが起こる」と発表したんですよね。

これが瞬く間に世界中に駆け巡った。

それ以来、人々の間に「ファイナンシャル・リセット」という概念が広まり、それを待ちわびる人が後を絶たないという状況になっています。

現在の世界情勢を見ると、資本主義がこれ以上経済成長できないことは火を見るよりも明らかで、ほぼ頭うちです。

成長の余地がもうありませんから、いずれ何等かの形で破綻を迎えることは想像に難くないわけですが、果たしてそれは起こるのか?

もし起こるとすればそれはいつか?

これに関する私の見解は、

「今起こっていることがすべて」

「ファイナンシャル・リセットはいつかいつか」と待ちわびながら日々を生きることは、「いつか宝くじが当たることを夢見て」生きることと何ら変わりがありません。

ティール・スワンが口を開けば言及する「無力感」がベースとなっている姿勢なのです。

「今の自分の状況や人生は、自分の手には負えないから、誰かや何か(宝くじやファイナンシャル・リセット)がすべてを解決してくれるのを待ちわびる」

という姿勢には、自分が人生のクリエイターである、主導権を握っている主であるという力はないのです。

この波動の低さは如何ともしがたいのです。

少し前にシェアしたティール・スワンの「癌の治し方」の動画の内容と同じです。

癌になったから「絶望感」や「無力感」を感じるのではなく、もともと身体の中に「絶望感」と「無力感」が蓄積していたので、それが極まって(飽和状態になって)癌という形で3D世界にマニフェスト(具現化)したのです。

順番が逆なんです。

ファイナンシャル・リセットは、将来起こるかもしれないし、起こらないかもしない。

今起こっていることが人生のすべて。

まずは、自分の人生は自分で舵を取る、自分で創るのだという認識をしっかりと持ち、肚を括ることです。

自分の人生は自分の力で何とかすると。

そしてそれを軸にして一日一日を生きていくことです。

その時点ですでに波動は変わります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

プロフィール

こんにちは!ソウル・ヒーリングをテーマにしているアセンション・コーチです。1973年長野県生まれ。人生の半分以上を海外で過ごしました。詳細はプロフィールをご覧ください。

     2018年5月バリ島にて

通話セッション

アセンション関係のご相談や各種ワークのサポートは通話セッションでお受けします♡

ソウル・アライメント・プログラム(SAP)

完全に自己一致を果たし、自分と一致した人生を生きられるようになるためのマンツーマン・メンターシップ・プログラム

オンライン講座

各種E-Bookダウンロード

☆各種E-Bookのダウンロードはこちら

ショップ

【音声】友達が減っていく現象

アーカイブ

カテゴリー

紀行文を綴った裏サイト Blissful Moment はこちら