【アセンション専科】魂を癒して解放するために

menu

Heal Spirit

抵抗とは何か ティール・スワン その5

エネルギーの状態は基本的に3つしかありません。

  1. フロー
  2. レジスタンス(抵抗)
  3. リバース(逆回り・反転)

フローは自己一致が出来ていて、自分の本来の望みの方向へエネルギーが流れている状態です。

一番自然な状態です。

私たち人間が一番陥りやすいのはレジスタンス(抵抗)で、多くの人は自分が抵抗の状態にあることにすら気づかないまま一生を過ごし、なぜ自分の願いや望みが叶わないのか不思議に思います。

そして、人生とはそんなものだという諦めの境地で生きています。

エネルギーが抵抗の状態にあるとき、物事は動きません。

一番大切なことは、まずは自分が抵抗の状態にあることに気づきそれを認めること

それなくして何も変わりません。

このことを見事に解説したティールの動画がありましたので、シェアします。

私自身しっかりと理解しておきたいと思うことです。

何かに対してブレーキを踏みながら、自分丸ごとでヨットには乗れないと感じながら(片足はヨットへ突っ込んで片足は埠頭に残したまま)、私たちは望むものを人生の中へマニフェストすることは出来ないのです。

そこで立ち止まる必要があるのです。

内面へ意識を向けて、そこにある「抵抗」を見つけなくてはなりません。

それをするためには、当たり前のことですが、自分自身に対してとことんまで正直になる必要があります。

どれほど恥ずかしさを感じても、です。

自分を癒すことがうまく行かない主な理由は、「自分自身を癒す」という事に対する「抵抗」が自分の中にあると気づかないことなのです。

自分を癒すことに対する抵抗を自分が持っているなんて、考えたい人はいませんよね。

自分の中の一部は、「癒されたくない」と感じているということです。

それが「抵抗」です。

その抵抗がある限り、癒しは進みませんし、健全なスペース、豊かなスペース、人に恵まれたスペースへ移行することが出来ません。

ですが私たちは、こうしたスペースは最初から私たちの中に存在していることを認識する必要があります。

そのスペースを人生の中でマニフェストできない理由は、それに対する「内なる抵抗」なのです。

「真実」に対しても同じことが言えます。

私たちは、「真実を見据える」事に対して反発し、抵抗します。

「真実」を認めたくないんです。

真実を認める代わりに「現状否認」します、なぜなら「真実を認めること」は時として大きな痛みを伴うからです。

「真実」を見据えることに抵抗している間は、アウェアネス(気づき)に対して抵抗しています。

そのようにして「スピリチュアリティの鍛錬」全体が抵抗によって脱線してしまいます。

私がヒーリングのマスターから一番初めに習ったことは、

Some people don’t want to be healed. 中には癒されたくない人もいる

という真実でした。

それから今まで、何度もこの真実を目撃してきました。

というよりも、真剣に癒しに取り組みたいと思っている方はほとんどいらっしゃらないという事実と言った方が適切なくらいです。

癒しを進めるためには、自分の中にある目を背けていたい部分を直視する必要がありますが、大方の人はそこが出来ないのです。

そして、外の世界の何か(レイキやエナジーワークを含む)へ意識を向けて逃げることで、自分の内面を直視することから逃げ続けます。


「真実」を認識することに抵抗する例はいくらでもあります。

私の男友達は昔、10年付き合った彼女が家から出て行ってしまった事実を受け止められず、何とか関係を修復したいと様々な手段を講じていました。

傍から見ると、二人の関係はすでに破綻して終わっていて、彼女が戻ってくる見込みはないのです。

ですが、彼はその「真実」を直視することができずに現状を否認し、決して認めようとはしませんでした。

認めてしまったら、「彼女はもう帰ってこない」という大きな痛みの伴う事実を受け入れる必要があるからです。

夫婦関係の実態がない、人間関係の実態がないにも関わらず、そこにまだ何かしらがあると思い、空しい努力を続けようとするケースは沢山あります。

現実を直視してしまったらもう保てない何かがあるので、それくらいなら妄想にしがみついていた方が楽なのです。

このままでは救いがないオチなので、前述の男友達のその後を書いておきます。

あるケンカがきっかけとなって10年間付き合った(同棲した)彼女に出ていかれてしまった彼は、その後数年間「現状否認」の状態のまま過ごしました。

6~7年経ったときに別の女性と出会い真剣交際に発展し、その後結婚、今では子供が生まれています。

自分と一緒にいるはずでない人との縁は、自然と切れるものです。

それにしがみついて放したがらないのがエゴです。

ですが、自分の痛みを受け止め、去るものは去らせ、自分を癒すことに専念していれば、いずれ道は開けるのです。

つづく

関連記事

プロフィール

こんにちは!ソウル・ヒーリングをテーマにしているアセンション・コーチです。1973年長野県生まれ。人生の半分以上を海外で過ごしました。詳細はプロフィールをご覧ください。

2018年5月バリ島にて

ペイパル|カード情報も、口座番号も、ペイパルが守ります。|VISA, Mastercard, JCB, American Express, Union Pay, 銀行

ソウル・アライメント・プログラム(SAP)

大きな変化の時代に私たちはどう生きるか、自分らしく生きるための 10週間プログラム

パートナーシップ・コーチング・プログラム(PCP)

♡パートナーシップを通して魂の癒しを進め解放する10週間のコーチング・プログラム♡

通話セッション

アセンション関係のご相談や各種ワークのサポートは通話セッションでお受けします♡

アセンション症状2019年版

アセンション症状をまとめたE-Bookが完成しました。ダウンロードはこちら

ショップ

Etsy でのお買い物の仕方が分からない方は、こちらのフォームからご連絡いただければご注文をお受けします。

アーカイブ

カテゴリー

紀行文を綴った裏サイト Blissful Moment はこちら