【アセンション専科】魂を癒して解放するために

menu

Heal Spirit

恐れと意識的な細胞の記憶のクリアリングについて リサ・ブラウン その6

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

リサが「恐れ」とそのクリアリング法について解説した短い動画ありましたのでシェアします。

2016年3月21日にアップされた動画ですから、3年前のものです。

この動画を作った理由は、本当に多くの人が「恐れ」を信じてしまっているから。

自分の中に感覚を感じるとき、人は恐れを信じてしまうのね。

恐れと一体化してしまうの。

「自分の中に恐れのエネルギーがある」って気づいて意識的になる代わりに、「恐れ」そのものと一体化してしまうのよ。

それか、自分の思考と一体化して囚われて、頭のいうことを信じ込んでしまうの。

「ワオ、私はなんて怖い思考を持っているのかしら」とか「私はそれを恐れているのね」とか「あぁまた私自分で自分をジャッジしているわ」って思う代わり、思考が自分だと思ってしまうの。

あなたがどんな言葉を使おうと関係ないわ、自分をジャッジしたり、他の人が自分をジャッジしていると思ったり、それが自分で自分の言い聞かせているストーリーなの。

完全に意識的になっているとき、あなたは自分の中にある

  • 古い信念
  • 古い嘘
  • 古い不信
  • 古い欠乏

にはもはや耳を貸さない。

完全に意識的になれば、もはや自分を(に)

  • 尊重しない
  • 感謝しない
  • 大事にしない

なんてことはあり得ないのよ。

もしもあなたが自分を尊重しない、感謝しない、大事にしない、愛さない、そして古い信念やエゴの与太事に囚われてしまうのなら、「意識的」になれていないってこと。

だから、一番大事なことは、起こっていることすべてに対して完全に意識的になること。

どうして私がこれを強調するのかっていうと、意識的じゃない人たちと接する時に完全に意識的な状態をキープすることが、ものすごく大変だからなの。

最近ことことをより明らかに感じるようになってきたわ。

無意識の人たちと接することは、私たちが正常に機能して何かを生み出して、私たちの仕事を行うことを深刻に阻害するの。

ものすごい二極性よ。

そしてそういう環境では同調が起こらないの。

私たちは、誰かと同じエネルギーフィールドをシェアするときには、自分の周りと同調することが必要なのよ。

だけど、頭の中だけで暮らしている人たちと私たちは同調することが出来ない。

同じ統合されたエネルギーフィールドを共有することが出来ない。

高い周波数と統合していないもの・・・例えばあなたは高い周波数から機能していて周りの人がそうでないとしたら、あなたが Present の状態から成し遂げようとしていることに大きな影響を及ぼすのよ。

どうしてこの話をしているかっていうと、最近そんなことを話す機会があったの。

自分の周囲の環境とか、混乱したり混とんとした状況とか、物質的な環境よね、それが意識に大きな影響を与えるってこと。

もしも物理的に混とんとした環境の中にあれば、あなたは拡大できない。

だから身辺や部屋の中を整理してスペースを沢山開ける必要があるのよ。

物質にも意識があるのよ。

だから自分の意識と同調するような環境を作らないと、周りにある物や人に自分の意識が影響を受けるの。

私もいつも机周りを掃除して整理整頓しているの。

私はいつも沢山のプロジェクトを同時進行しているから、机の周りがすぐに乱雑になるのよ。

すごく汚くなる。

だから途中で作業を中断して、掃除するの。

整理整頓をするの。

これは終わりのないプロセスなのよ。

もしも集中できないとか、アクティベーションが進行中でシンドイとか、そういうときには休憩するわ。

でもそういう状況は永続的なものじゃない。

もしもあなたの周りに混とんとした混乱したエネルギーがあるなら、モノとか、人とか、自分の周りになるのなら、エネルギー的には Present になることが必要。

そうでなければ、混とんとして混乱した状態になってしまう。

今の流れではそういう傾向が強化されてる。

明らかにね。

そういう状況にはフローがないのよ。

自分とは違う周波数帯で機能している人たちを自分の周りに置くということ、モノもそうなんだけど、するとすべてが影響を受けてフローが滞るの。

だから常に注意を払って、自分の中で何が起こっているのかを見て、頭の言うことを聞いて思考を分離して、頭の中に流れている思考に耳を傾けて、感情と分離して、思考と感情は別々にワークするの。

その方が簡単よ。

じゃ、みんな、ありがとう。

愛してるわ ♡

最後に出てきた「無意識で生きている人たち」との関係は、その通りだと思います。

無意識の3D意識で生きている人たちと私たちはもはや同調することは出来ませんし、一緒にいればどうしても不協和音になります。

私は以前から「棲み分け」ということをしていますが、彼らとはあまり親しく付き合いません。

日常的に必要なことがあれば話をしますが、それ以外では心理的に相当な距離を取っています。

自分の周りの周波数をクリアに保つために、情報もしっかりと取捨選択して、必要なものを必要なだけ取り入れることをお勧めします。

それ以外の雑音的な情報は、周波数をキープするためには害にすらなり得ます。

(完)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

プロフィール

こんにちは!ソウル・ヒーリングをテーマにしているアセンション・コーチです。1973年長野県生まれ。人生の半分以上を海外で過ごしました。詳細はプロフィールをご覧ください。

2018年5月バリ島にて

ペイパル|カード情報も、口座番号も、ペイパルが守ります。|VISA, Mastercard, JCB, American Express, Union Pay, 銀行

ソウル・アライメント・プログラム(SAP)

大きな変化の時代に私たちはどう生きるか、自分らしく生きるための 10週間プログラム

パートナーシップ・コーチング・プログラム(PCP)

♡パートナーシップを通して魂の癒しを進め解放する10週間のコーチング・プログラム♡

通話セッション

アセンション関係のご相談や各種ワークのサポートは通話セッションでお受けします♡

アセンション症状2019年版

アセンション症状をまとめたE-Bookが完成しました。ダウンロードはこちら

ショップ

Etsy でのお買い物の仕方が分からない方は、こちらのフォームからご連絡いただければご注文をお受けします。

アーカイブ

カテゴリー

紀行文を綴った裏サイト Blissful Moment はこちら