【アセンション専科】魂を癒して解放するために

menu

Heal Spirit

パートナーに現れる自分の内面の抵抗

ティール・スワンの「抵抗」に関する動画を訳しましたが、

外側に現れる「抵抗」「反対勢力」は何であれ、内面にある「抵抗」の現れ

という真実をもう少し掘り下げておきたいと思います。

参考記事:抵抗とは何か

外側の世界は内面世界の反射に過ぎない

は、今ではとてもよく知られた真実です。

このことが特にダイレクトに反映されるのがパートナーシップです。

もともとパートナー同士とは、合わせ鏡そのものです。

自分の内面の波動とぴったり一致しているものがパートナーなのです。

その真実を踏まえた上で、上述の抵抗について例を挙げて見ていきたいと思います。

例えば、自分はマイホームを購入したいと思っているのにパートナーが煮え切らない。

ぐずぐずしていて、二人で心を合わせてマイホームという夢に向かって一緒に進んでいけない。

この場合は、ダイレクトに解釈すれば「自分の中にマイホームを買うことに対する抵抗があり、そのことに自覚がない」ことがパートナーに現れています。

パートナー=自分の内面

これは何にしても言えることです。

例えば、自分は離婚したいと思っているのにパートナーが応じようとしない。

表層意識では「離婚したい」と思っているかもしれませんが、潜在意識の中には「離婚したくない」と抵抗する自分がいて、それに対して無意識・無自覚でいます。

それがパートナーに現れていますが、「離婚できないのはパートナーが応じてくれないから」という理由をこしらえて、自分は安全圏に留まります。

自分を偽ることを辞め、しっかりと自分の真実を見据えるまで投影は止みません。

例えば、自分は子供が欲しいと思っているのにパートナーが乗り気ではない。

自分だけが切に願い、パートナーが応じてくれないために辛い気持ちになっている。

この場合も、自分の中に「子供は欲しくない」という抵抗がありますが、本人はそのことにまったく気づいていません。

とことんまで正直に、「なぜ子供が欲しいのか?それは何かを穴埋めするための行為ではないのか?本当に子供が欲しいのか?」を自問自答する必要があります。

ここから目をそらし続けたまま、パートナーが応じてくれないから子供を創ることが出来ない、と、誰かのせいにして相手を責めていた方が簡単なのです。

例えば、パートナーは自分と向き合おうとせず、いつも回避したり逃げたりしている。

それが実は自分の姿なのです。

自分の中に、自分に正直になっていない部分がある、向き合いたくない部分がある、自分と向き合うことから逃げている自分がいる。

ここを素直に認めることで、現状はシフトします。

ざっくりと4つほど例をあげましたが、

外側に現れる「抵抗」「反対勢力」は何であれ、内面にある「抵抗」の現れ

という真実が一番如実に反映されるのがパートナーシップであると言いたかったのです。


パートナーは自分の内面をダイレクトに映し出す鏡です。

この原理を利用して、魂の癒しと解放に取り組むのがPCP(パートナーシップ・コーチング・プログラム)です。

PCPは、恋愛関係や夫婦関係をうまく行かせたり、その問題を解くためのプログラムではありません。

パートナーシップを通して自分の魂と癒しと解放を進めるためのプログラムです。

その結果として、今の相手との関係が改善されることもあるでしょうし、逆に関係を解消することもあるでしょう。

魂の進化と拡大とは、人間(エゴ)視点から捉えるものとは180度ほども違いがあります。

人間(エゴ)が望むものが魂の望みと一致するとは限りません。

魂の進化と拡大を受け入れるのであれば、エゴのレベルでは大きな痛みと感じられることも、受け入れていく必要があるのです。

関連記事

プロフィール

こんにちは!ソウル・ヒーリングをテーマにしているアセンション・コーチです。1973年長野県生まれ。人生の半分以上を海外で過ごしました。詳細はプロフィールをご覧ください。

2018年5月バリ島にて

ペイパル|カード情報も、口座番号も、ペイパルが守ります。|VISA, Mastercard, JCB, American Express, Union Pay, 銀行

ソウル・アライメント・プログラム(SAP)

大きな変化の時代に私たちはどう生きるか、自分らしく生きるための 10週間プログラム

パートナーシップ・コーチング・プログラム(PCP)

♡パートナーシップを通して魂の癒しを進め解放する10週間のコーチング・プログラム♡

通話セッション

アセンション関係のご相談や各種ワークのサポートは通話セッションでお受けします♡

アセンション症状2019年版

アセンション症状をまとめたE-Bookが完成しました。ダウンロードはこちら

ショップ

Etsy でのお買い物の仕方が分からない方は、こちらのフォームからご連絡いただければご注文をお受けします。

アーカイブ

カテゴリー

紀行文を綴った裏サイト Blissful Moment はこちら