魂を癒して解放するために

menu

Heal Spirit

CATEGORYパラダイムシフト

価値ある自分を認められるか

アセンションとは、自分の価値を認め、それに見合った人生を再構築していくプロセスです。 私たちは今までの転生の歴史から、自分には価値がないと思い込まされてきました。 その結果、価値を感じられることに執着し、承認を求め、相手や周囲や…

ありのままの自分を受け入れ愛す課題

一つ前の記事の内容から続きます。 参考記事:二つのポジティブ思考 有益なものと有害なもの Authentic であるとは、自分が大丈夫ではないときに「大丈夫」と言うことではありません。 大丈夫でないときには大丈夫でないと認…

アセンションの時代におけるパートナーシップ考察

アセンションの時代におけるパートナーシップについて、私なりの見解を書いてみたいと思います。 今の時代にパートナーシップが担っている役割は、双方のカルマの解消と魂の癒しと浄化だと思います。 ここはほぼ間違いがないと思うのです。 …

自分の都合を優先させることに対する罪悪感は完全に手放すこと

『あなたの時間ではなく、わたしの時間で。あなたの条件ではなく、わたしの条件で。あなたのやり方ではなく、わたしのやり方で』 これは神の法則の表現です。 わたしたち一人ひとりへの神の宣言なのです。 レナード・ジェイコブソン …

未熟な自我の現れ18のサイン その3

自我をしっかりと確立する9つの方法 しっかりとした自我と魂を確立してそれを生きることは、あなたの生まれ持った権利です。 哲学者であり積分理論の権利であったケン・ウィルバーの言葉を借りれば、私たちは目を醒まして成長しなくてはならないのです。 でもそれってどう意味でしょうか? 「成長する」とは、情緒的に成熟し、しっかりとした明確なアイデンティティと自我を持つということなのです。 心理学者のカール・ユングは自我の確立と統合を「分化」(individation)と定義しました。 参考記事:オールドソウルの癒しに必要なこと 明確で健全な自我を持たずしては、人生はとっちらかって混乱した空虚なものにならざるを得ません。

フローを選ぶか現状維持を選ぶか

アンドリュー君の動画、すべてはご紹介しきれませんけど、かいつまんで重要な部分だけシェアします。  僕らはこの地球に、自分の望むものをマニフェストするために来ているわけじゃない。 それはめっちゃ初歩的な事に過ぎないんだ。 …

【幻想からの目覚め】スタンダードと恥の関係 そこから目覚めること

私たち人間は、自分で自分に課しているスタンダードのようなものがあります。 それがなければ自分は幸せになれないと信じているような類のものです: 20代のうちになんとしても結婚しなければ 女は35歳までに子供を産まなければ…

【幻想からの目覚め】あなたの人生を支配している人は誰か

私たちはよく「幻想からの目覚め」と言います。 今そういう内容を発信している人は多いですよね。 幻想って一体何なのか? 幻想 = 心の傷、痛み、トラウマ、ストーリー、信念体系、観念、時代遅れの価値観、すべて あ…

古い時代の雛型を手放す

ここに書くことは、世の中のメインストリームではまだまだ受け入れられないことかもしれませんし、認めてももらえないことかもしれません。 私は、家族だからと言って、実態のない人間関係を繋ぐ「フリ」をする必要はもうないと考えています。 …

耳の痛い話

今日は少し耳(目)の痛い話になるかと思います。 エゴの大きな特徴について書こうと思うからです。 エゴに欠落しているのは、客観性と相手への配慮です。 いつも自分がどれくらい相手から受け取れるか、便宜を図ってもらえるか、奪い取…

さらに記事を表示する

プロフィール

こんにちは!ソウル・ヒーリングをテーマにしているエナジーワーカーです。1973年長野県生まれ。人生の半分以上を海外で過ごしました。詳細はプロフィールをご覧ください。

2018年5月バリ島にて

ペイパル|カード情報も、口座番号も、ペイパルが守ります。|VISA, Mastercard, JCB, American Express, Union Pay, 銀行

ダウンロード

E-Bookのダウンロードはこちら★

ショップ

Etsy でのお買い物の仕方が分からない方は、このサイトのお問合せフォームからご連絡いただければご注文をお受けします。

クンダリーニレイキ更新情報

※ 手違いにより以前のメルマガを削除してしまいました。クライアント以外の方でご登録いただいていた方は、お手数ですが再度お手続きをお願いします。

アセンション通信メルマガ登録

ブログではシェアできないディープな内容や情報をお届けする不定期のメルマガです。ご登録はこちらからどうぞ★

アーカイブ

カテゴリー