アセンション専科 ~人生は素晴らしい旅路 ~

menu

Heal Spirit

CATEGORY意識改革

目覚めとは

私には、かつて20代の頃に付き合っていた親友が二人いました。 二人とも日本人女性で、週2~3日は一緒に飲みに行く仲でしたし、そのうちの一人とは4年半に渡り一緒に暮していました。 でも、二人とも私が「焼酎と日本酒だけは絶対に飲まな…

本当に癒しを進めていけるようになるためには、ある程度の自立が先決

カウンセリングでもコーチングでも、ある程度クライアントが自立していないと機能しないという事実があります。 カウンセリングに比べて、コーチングは特にその傾向が強い。 「コーチング」とは、スポーツ選手がつける「コーチ」を想像していた…

種を植えてから一週間で花は咲かない

私たち人間が暮らしている3次元世界の特徴は: 物質 時間 距離 そして、「二元性」です。 例えば、私が今もしここで、「ストックホルムへ行きたい!」と願ったとしたとき・・・頭の中ではストックホルムを想像して、…

【徒然】頭からハートへ 友人の成長が目覚ましい件

数日前に香港人の友人がこんなことを言ってきました。 「最近になって、もうこの業界(ファイナンシャル・テクノロジー)では働きたくないっていう自分の気持ちに気づいた」 今年に入って急展開を迎えてしまった香港で、彼女は一か月ほど前に会…

自分の気持ちを知りそれを表現する訓練が必要 その1

アメリカ人やヨーロッパの諸国の人々に比べ、日本を始めとするアジア諸国の人たち(主には日本、韓国、中国)は、「自分の気持ち」にものすごく無頓着に生きているという印象がとても強いです。 仕事場ならまだしも、プライベートな生活ですらも、気持…

革命の原動力はいつも「怒り」

今香港で進行中の「デモ」は、英語では Protest(抗議)と呼ばれます。 香港の内情と実情を知らない世界の人々の目には、「民主を求める香港市民が中国と香港政府に対して抗議を行っている活動」として捉えられていて、それは決して誤りではあ…

局所麻酔としてのスピリチュアリティ ティール・スワン その2

ティール・スワンの動画に「局所麻酔としてスピリチュアリティを乱用するケース」について解説したものがありますのでシェアします。 その1   熱く燃え盛るストーブの上に手を載せたらどうなるでしょうか? 「痛み」を感じたら、…

局所麻酔としてのスピリチュアリティ ティール・スワン その1

若い頃オランダで一緒に暮していたオランダ人のパートナーは、医者のインターンでした。 今は亡くなった義父は内科医でした。 私が彼らから言われたことは、 「身体に痛みを感じても、無暗と痛み止めを使ってはならない」 という…

人の気持ちは変わるのが自然なこと

私が今まで46年間生きてきて、「経験的に学べてよかった」と思っていることの一つに、「気持ちは時とともに変わる」という真理があります。 この真理を認めようとせず、「ずっと同じ気持ちを持ち続けること」が誠実さであるとか、人として正しいこと…

価値観は固定的なものではあり得ない

Life has to manifest as a reflection of your story. 人生は、あなたの「ストーリー」通りに具現化(マニフェスト)する レナード・ジェイコブソン 最近、メンターの一人と「agin…

さらに記事を表示する

アーカイブ

カテゴリー