アセンション専科 ~人生は素晴らしい旅路 ~

menu

Heal Spirit

CATEGORY意識改革

自分の正直な気持ちをありのままに認めて表現できることが必要

もう10年以上も前のことになります、香港で独身時代を謳歌していた頃、仲良くしていた5歳下の日本人女性がいました。 彼女も含めて何人かでいつもつるんで遊んでいたんでした。 彼女はある日、どこかで出会った香港人に誘われて、ボートだか…

記憶=事実じゃない

香港にいた頃、昨日まである店があった場所がガランと空き家になるということを何度も目撃しました。 家賃が高すぎてテナントが持たずにすぐに入れ替わってしまうからです。 不思議なことは、私たち人間は、店がなくなったときに、今までそこに…

今はまだ

今回の人生で、私が精神世界へ踏み入るきっかけとなったのは、ルドルフ・シュタイナーの「いかにして超感覚世界を認識するか」という本でした。 シュタイナーを読まれる方はご存知かと思いますが、彼の著書はすべてめちゃくちゃ難解です。 あ、…

質問への答え方

バイロン・ケイティのザ・ワークでは、質問に対して必ず「イエス」か「ノー」で答えるようにという条件があります。 ザ・ワークでは、それ以外の曖昧な中間色の答えを容認していません。 その理由は、「曖昧なまま白黒ハッキリとさせたくない」…

ライトワーカーの本音

しばらく前のことですが、アセンション関係のフォーラムにこんな内容が投稿されました。 私たちライトワーカーは自分たちが苦しんで、闇と向き合って、辛い時期を通過して、他の人のサポートが出来るようになる。 それは簡単なことじゃないよね? …

一人きりで生きる時間

アセンションのプロセス、そして覚醒、アウェイクニングと呼ばれるプロセスは、長く、暗く、孤独なものです。 すべての人や物から自分を切り離して、一人きりで生きる時間がたっぷりと必要になります。 そういう意味で、パートナーシップも破綻…

「恐れ」を免罪符に使おうとしても宇宙には通用しない

アセンションでは、変化を望まない人は前進することが出来ません。 変化には多大な痛みと居心地の悪さ、そして恐れが伴います。 誰しも安全圏から出るのは怖いですし、それは理解できることです。 ですが、「怖い、怖い」という言葉を免…

「自己一致している」状態とは何か

「自分らしく生きる時代」ではあるけれども、自分の癒しがキッチリと進まないうちは、「自分らしく」は生きられないと、今まで重ねて書いてきました。 私たち現代人は完全に感覚がマヒしてしまっていて、毒を食べると「おいしい」と感じ、天然のものを…

自我が未熟なまま

ずっと以前に「未熟な自我のサイン」というシリーズの記事を書きました。 最近、この記事が参考になる人たちが多いのではないかなという感じがしていますので、再度シェアしたいと思います。 参考記事:未熟な自我の現れ 18のサイン …

支援側が出来ることは限られている

私が今している仕事は、「対人支援」に分類される仕事です。 このタイプのサービスを必要としている人の中には、「依存心が強い人」がかなり沢山いらっしゃいます。 「依存心が強い」と、支援自体がうまく行かず、セッションも癒しも進まないこ…

さらに記事を表示する

プロフィール

こんにちは!ソウル・ヒーリングをテーマにしているアセンション・コーチです。1973年長野県生まれ。人生の半分以上を海外で過ごしました。詳細はプロフィールをご覧ください。

      2018年5月バリ島にて

通話セッション

アセンション関係のご相談や各種ワークのサポートは通話セッションでお受けします♡

ソウル・アライメント・プログラム(SAP)

完全に自己一致を果たし、自分と一致した人生を生きられるようになるためのマンツーマン・メンターシップ・プログラム

オンライン講座

アセンション症状2019年版

アセンション症状をまとめたE-Bookが完成しました。ダウンロードはこちら

ショップ

【音声】友達が減っていく現象

アーカイブ

カテゴリー

紀行文を綴った裏サイト Blissful Moment はこちら